第2~5回あるぼら寄付先について

第2回~5回までの寄付先が正式に決定しました!

宮城県の南三陸町の寄木地区に寄付させていただくことになりました。

 

前回にもお伝えしましたとおり、震災以降行われていなかったお祭りに使用される

杵と臼を贈呈することになりました。

 

臼 杵(3種類)

→小計 225,000円

 

セイロセット

コンロ

フカシ布

セキスイエレスレンコンテナ ボール(3種類)

番重

番重用蓋

杓文字(3つ)

杓子(3つ)

→小計 75,000円

 

合計300,000円 です。

 

 

 

南三陸町の寄木地区の方へ

あるぼら代表としてスタッフからの色紙と

みなさんが活動したムービーがはいったDVDを送ります!

 

 

 

↑のムービーを送りました

撮影から音楽まですべてムービー担当の木屋君が作成しました!

ぜひご覧下さい!!

 

 

そして色紙です

今までの活動の写真をすべて載せたかったのですが

スペース的にこのようになってしまいました・・・

 

 

 

餅つき通じて笑顔が生まれて、楽しい場になってくれればと思っています。

ぜひとき、これを機に長く続けて欲しいです。

高橋諒太

 

 

臼と杵でたくさんお持ちを作ってお祭りを盛り上げてください!

多くの人に喜んでもらって描いになってくれたら嬉しいです。

宮本翔平

 


”震災支援”といっても何をしていいかわからず・・・

東北のみなさんの力になりたいと思ってもなかなか行動できませんでした。

そんな時に出会った”あるぼら”。

私たちが頑張った分だけ笑顔になれる人たちがいる。

あるぼらはいろんな人たちに支え
られてここまでくることができました。

私たちの行動で皆さんが笑顔になれることはとても嬉しいです。

山本千穂

 


震災から1年半、本当にお疲れ様でした。

皆さんの、困難にも負けず前を向いて生きていらっしゃる強さに、

私は何度も強さをいただいてきました。

お辛い状況かと思いますが、未来を信じてこれまでと同じように強く生きてください。

皆さんのご多皁をお祈りしています。

お餅つき、楽しんでください!!

有坂紀子

 


東北に笑顔を!!ということをコンセプトに皆で楽しくお金を集めました。

札幌のこの笑顔が東北の皆さんに届くと思うと、とても嬉しく思っています。

お祭り、楽しんでください!!

荒木珠衣

 

 

私たちはいつくかの候補の中からあるぼら参加者のみなさんが汗を流しながら

働いて得たお金を納得のいくカタチとして寄付するにはどこがいいのか考えながら選定しました。

新年を祝うおもちつきを私たちが復活させよう!

と少しでも笑顔を届けることができたらと思い、もちつきセットを贈呈することにしました。

これを通して私たちの思いが少しでも伝われば幸いです。

西村直人

 


3.11以降、このような大きな震災とどう向き合えばいいかわからず、いろいろと思い悩んできました。

未だに答えはでませんが、自分には何ができるのかを考え、

今まで活動を続けてきました。

少しでも早く復興できることを祈っています。

木屋拓真

 

 

 

みんなの「想い」がたくさん詰まった色紙になりました。

 

 

今日の会議のようす

 

毎週水曜日にあるぼらの会議を行っています!

今日はサンマルクカフェで行いました。

メンバー8人が集まったのは実に1ヶ月ぶりです!

 

 

寄付先の色紙とムービーについて

お疲れさま会について

参加者へのフォローについて話し合いました

 

 

 

HPでもお知らせします!

ぜひチェックしてください!

 

過去の記事はサイトマップ→ブログからご覧下さい

written by ちほ