アルボライザー(卒業生)

アルボライザー(卒業生)敬称略

榎本大貴、伊藤早織、加藤裕太、品田誠、野中佐紀、続石和香、築島遥子、高美菜子、荒木 珠衣、西村直人、有坂紀子、山本千穂、木屋拓真、宮本翔平、加藤千尋、端愛理、冨ヶ原啓太郎、横山実紀、高島幹、栗山奈穂美、髙橋諒多、田中雄太、高橋彩美、八木智、小池美香。天笠翼。吉田一史、

3代目代表:西村 直人 (北海学園大学)

【趣味】

 Webサービス検索、スープカレー屋巡り

 

【あるぼらを始めたきっかけ】

インターン先を探している際にあるぼらに出会い、

震災時何も出来なかった悔みからあるぼらへ加入しました。

 

【メッセージ】

試行錯誤しながら日々前進しています。

困っている人がいたら手を差し伸べてあげる、

そんな人があるぼらを通して少しでも増えたらいいなと思います。

 

震災からすでに1年以上経過した今、

継続的な支援というものが大事だと思っていて、

その中であるぼらを通して多くの方に問題意識を持ってもらったり、

活動に関心を持ってもらう人が増えたりと

何か伝えることが出来たらいいなと思っております。

 

多くの方に感謝の気持ちを忘れないで活動していきたいと思います。

まだまだ未熟な部分は多々ありますが、

代表として頑張っていきたいと思いますので宜しくお願いします。


寄付先担当:有坂 紀子(北海道大学)

【趣味】

走ったりスポーツしたり散歩したり体を動かすこと

食べること、音楽鑑賞、読書
 
【特技】
どこでも寝られること、目玉親父の声真似
 
あるぼらをはじめたきっかけ】
東北の復興支援に携わりたいと思いながら北海道にやってきて
HPを見ていたところ、あるぼらを発見しました。
一学生として本当に微力ではあるけれど、自分で働いて得たお金と思いを
北海道から東北にお届けできること、そして自分が提供したお金が、
東北の地で何に使われたかのが分かるという’見える支援’ができることが
純粋に素敵だなぁと思って、運営にまで携わらせてもらうことになりました!
 
メッセージ】
一人の人間として出来ることはちっぽけかもしれません。
でも、沢山の人が協力し合えれば、本当にすごく大きな力になります。
私はあるぼらにそのことを教えてもらいました(^^)
時間があったらあるぼらに参加してください!
そしてぜひあるぼらの運営スタッフになってください!
一人でも多くの人と楽しさを共有して、
東北に若者のパワーを届けたいなと思ってます!

広報担当:山本 千穂(北海学園大学)

【趣味】

カラオケ

 

【あるぼらをはじめたきっかけ】

インターンシップ先を探している際にあるぼらに出会い、

設立当時からかかわらせてもらってます。

 

【メッセージ】

東日本大震災がおきて、自分にできることが思いつかず

何をしたらいいかわかりませんでした。

あるぼらという新しいボランティアスタイルで

被災地の方々にお金だけでなく気持ちも届けられたらいいなと思います。


映像担当:木屋 拓真(北海学園大学)

【趣味】

映画鑑賞

 

【特技】

映画製作

 

【あるぼらをはじめたきっかけ】

 友人にさそわれてあるぼらに興味をもったため

 

【メッセージ】

 震災前に逆回転


広報担当:端 愛理(札幌国際大学)

【趣味】

スポーツ観賞、バスケットボール

 

【あるぼらをはじめたきっかけ】

あるぼらメンバーとあるぼらの活動がおもしろそうだと思ったから

 

【メッセージ】

楽しく参加したいです~!

寄付先担当:加藤千尋(北海道大学)

【趣味】

生花

 

【あるぼらをはじめたきっかけ】

勝毎花火大会が自分にとって非常に身近だったため

自分も是非関わっていきたいと思ったから

 

【メッセージ】

単にお金を寄付するという形ではなくお互いが満足する形で

            やりとりを行いたいです

学生担当:宮本 翔平(酪農学園大学)

【趣味】

テニス

テレビ番組を録画して2倍速で見ること

 

【あるぼらをはじめたきっかけ】

二年次に、石巻で震災ボランティアを行ったことにより、

被災地支援活動に興味を持ちました。

そんな時にあるぼらの活動の事を知り、

自分も運営側で頑張ってみたいと思い参加しました。

 

【メッセージ】

うまくいかない事もありますがメンバーと協力して

これからも頑張りたいと思います。

あるぼらの活動によって少しでも多くの人に良い影響を

与えられれば嬉しいです。

そしてあるぼらと共に自分自身ももっと成長したいです!


全国担当:冨ヶ原 啓太郎(明治大学)

【趣味】

ランニング

 

【あるぼらをはじめたきっかけ】

「地域若者チャレンジ大賞2013」であるぼらのみなさんとお会いし、

関東のあるぼら仲間入りをさせて頂きました。

 

僕自身、「きずなInternational」という復興支援をしている団体に

所属しており、「現地で行う復興支援」を続けてきていました。 ですが、活動をしていくうちに、現地で活動がしたいけれどもなかなか予定が空けられない、その一歩が踏み出せない・・という方を多く見てきました。 「現地で行わない支援活動」として写真展などをやってきましたが、復興につながっている!という実感を持つのが難しく、悩んでいました。 しかし、縁あってあるぼらの活動を知り、「こんなカタチの支援もできたのか!!」と興味を持ちました。 「現地に行かない」ボランティアのカタチの一つとして、現在東北支援をしている多くの団体の選択肢の一つそして「あるぼら」が加えられるのではないでしょうか? 僕は、一人の復興支援者としてあるぼらに少しでも協力できたらと思っています。

 

 【メッセージ】

とみーとよく呼ばれています。たまに、あえてガハラとも呼ばれます笑

ランニングが趣味です!世界遺産を走ってまわったりします!^^

特技は利きマッコリです(韓国のお酒です)

マッコリ協会から公認受けてますw

 

そんな者です。今後ともよろしくお願いします!!

寄付先担当:横山 実紀(北海道大学)

【趣味】

音楽を聴きながらぶらぶら散歩すること


【あるぼらを始めたきっかけ
 代表の高島さんと知り合い、何度かミーティングに参加させて頂いているうちに、あるぼらの活動理念や内容に共感し運営に関わりたいと思ったため。

 

 

【メッセージ】
 あるぼらを広く深く知っていただけるよう尽力します!よろしくお願いします。

企業担当:高島 幹(北海道大学)

【趣味】

カラオケ、スポーツ観戦

 

【あるぼらをはじめたきっかけ】

二年生になって「何か始めたい!」と思っていた時に、友人からあるぼらが掲載された新聞を見せてもらったことがきっかけです。元々ボランティアには興味があり、あるぼらの働いた成果が見えやすい点などが面白くて、参加を決めました。

 

【メッセージ】

あるぼらに参加し、様々な経験をさせて頂きました。その中で、「私たち、学生にも出来ることがあるんだ!」と強く感じました。学生だからこそ出来る、新しい支援のカタチ。 今後、多くの方に知って頂ければと思います。


会計担当:高橋 諒多(北海道医療大学)

【特技】

暗算

 

【あるぼらをはじめたきっかけ】

あるぼら主催のイベントに参加して 

 

【メッセージ】

振り返るよりも前を見ろ!とにかく進むべし。 

 

 


会計担当:田中 雄太(北海道大学)

【趣味】

テニス 英会話

 

【あるぼらをはじめたきっかけ】

アルバイトなのにボランティア ボランティアなのに

アルバイトというのが面白く興味を持ったため

 

【メッセージ】

あるぼらの取り組みを全国に広げていけたらと思います

がんばります!!

 

 


寄付先担当:栗山 奈穂美(小樽商科大学)

【趣味】

スポーツ、お散歩…外が好きです

 

【あるぼらを始めたきっかけ】

元々ボランティアに興味があって友達にあるぼらを紹介してもらいました!

 

【メッセージ】

被災地の人々を喜ばせたいと思う人の気持ちを形で伝えていけるように頑張ります!

 


広報担当:高橋 彩美(北海道大学)

【趣味】

中国語 バレーボール 三国志関連に興味あり

 

【あるぼらを始めたきっかけ】

浜中さんに紹介されて興味をもち、会議に参加させて頂きました。その活動雰囲気の良さと内容に惹かれ、自分も関わっていきたいと思ったため。

 

【メッセージ】

将来大学時代を振り返って後悔しないような活動をしたい!あるぼら頑張ります!


企業担当:八木智(北海道大学)

学生担当:小池美香(北海道大学)

学生担当:天笠翼(北海道大学)

寄付先担当:吉田一史(北海道大学)